Home

マイクロ流路 大学

MEMS/マイクロ流体デバイス 東京大学 竹内研究室 - Biohybrid

  1. マイクロ流体デバイスは、MEMS技術などの微細加工技術を利用して、微小流路や反応容器を作成し、バイオ研究や化学工学へ応用するためのデバイスを総称している(microTAS (micro Total Analysis Systems)やLab on a Chipなどとも呼ばれる研究分野になっている)
  2. マイクロ流路と iPS細胞を 組み合わせて、 ヒトを模倣した システムを作れ! 2009年に「マイクロ流路」上でのES細胞の培養に成功(世界初)。そして1年後の2010年にはiPS細胞も問題なく培養できるようになった。マイクロ流路は人体に近い環境を作ることができる
  3. 関西学院大学の田中陽子氏、田中大輔准教授らと、東京農工大学の川野竜司准教授ら、高輝度光科学研究センター(JASRI)の本間徹生主幹研究員、京都大学の高谷光准教授、甲南大学の鶴岡孝章准教授の研究グループは、マイクロ流路(注1)を利用して金属-有機構造体(MOF)の生成メカニズムを解明することに成功しました
  4. 香川大学微細構造デバイス統合研究センターは、ナノ・マイクロ加工技術を活かして四国におけるMEMS研究開発拠点として、MEMSセンサ、マイクロ流体回路(マイクロ流路、マイクロTAS)を中心に研究開発しています
  5. マイクロ流体システムの重要な要素の1つとして、流体輸送を担うマイクロポンプの研究が盛んに行われています。従来のマイクロポンプの多くは、複雑な機構であるとともに、チップ上への実装に問題がありました。本研究では、流路壁面
  6. 1 平成23年度第3次補正予算戦略的基盤技術高度化支援事業 「光力学診断とマイクロ流路を用いた小型高速癌細胞診断装置の開発」 研究開発成果等報告書 平成25年 2月 委託者 近畿経済産業局 委託先 公立大学法人奈良県立.

探検!京都大学|京大の発明ボディ・オン・チッ

マイクロ・ナノ生理学研究室. 生体のしくみを理解するために、細胞、細胞内高分子、小分子の機能とそれらが生体に及ぼす作用について、顕微観察や分光学などの物理化学的アプローチによる機能解析を行っています。. 具体的には、精子や受精卵といった. ところが、下の図のように、マイクロ流体チップの中で水・油・水を狭い流路に流して合流させても、油は浮かずに水に挟まれた状態で流すことができます。この流路は10 µm(マイクロメートル)。1 µmは1mmの1000分の1。髪の毛(約8 マイクロナノシステムの バイオ、ナノテク、エネルギーへの応用 半導体加工技術を活用してミクロやナノの機械を作る MEMS/NEMS 技術は、携帯電話や自動車用のセンサーをはじめ光通信や医療へ広く応用されています。本研究室では、マイクロナノシステム技術を異分野と融合して、バイオ. 2 グループの基盤技術:マイクロ流体デバイス 大きさのそろった 液滴の形成・操作 層流の形成 100 um ・微細加工技術を用いて作製した直径数100 μm程度以下の 流路構造 ・物理、化学、バイオ研究分野における様々な応用 ・サイズの制御性、デザインの可変 1)マイクロ流路の生体適合化技術の開発 マイクロチップの基材として用いられるガラスやポリジメチルシロキサン(PDMS)などへタンパク質や細胞の非特異的吸着を抑制できる生体適合性ポリマーの創製と表面修飾技術の開発を目指している

小さなチップの中に微小な流路を構築するマイクロ流体デバイスが血管モデルの作成に向いていると考え、この作成に挑んでいるのが日本女子大学の佐藤香枝教授です 2012年4月23日 京都大学マイクロ化学生産研究コンソーシアム1周年記念講演会(@京都大学)「マイクロ流路内での異相界面制御と材料形態制御」 2011年2月16日-18日 第10回国際ナノテクノロジー総合展 nano tech 2011(@東京. 機能性材料研究室. キーワード:. マイクロ流路、コロイド化学、光機能、ソフトマテリアル. 准教授. 金井 俊光 KANAI, Toshimitsu. E-mail. kanai-toshimitsu-fd@. (@ の後に ynu.ac.jp を付けてください). 研究者総覧URL

マイクロ流路を利用して、多孔性材料の生成 - 関西学院大

大阪大学大学院工学研究科の齋藤真人助教らは遠心による熱対流速度制御方法を考案し、環状マイクロ流路チップ内での迅速なDNA分子増幅反応に成功しました。さらにコニカミノルタBIC Japanと共同で、簡便迅速なDNA検知システムを開発しました。 これまでDNA分子などの核酸増幅法は、試料調製. 岡山大学 大学院 医歯薬学総合研究科 Okayama University 抄録 サブミクロンレベルの直径を持つ薬液エマルションの生成を目的として、マイクロ流路と超音波振動子を利用するエマルション生成デバイスに関する研究を行っている

Mems研究開発拠点 香川大学微細構造デバイス統合研究センタ

  1. 愛媛県松山市文京町3(〒790-8577). 愛媛大学大学院 生産環境工学専攻 機械工学講座 流体工学研究室. 博士前期課程 7名. 2018年. M2. 飯尾 秀一郎 [いいお しゅういちろう] M2. 池田 竜也 [いけだ りゅうや] M2
  2. 技術移転可能な特許!ライセンス先を探索中!大学、公的研究機関の有望特許を公開中!【課題】極めて低コストかつ短時間に、汎用性の高いマイクロ流路デバイスを製造する方法を提供すること。【解決手段】マイクロ流路デバイスの製造方法は、基板1、粘着層2、及びカッティング層3が順次.
  3. 信州大学繊維学部の秋山佳丈准教授および森脇洋教授らの研究グループは、近年環境問題として注目されているマイクロプラスチック回収法として、超音波を用いることを提案し、ファイバー状のものも含めて回収可能なことを実証しました
  4. COP素材のマイクロ流路チップを活用し、尿検査でがんの早期発見と最適な治療選択を目指す. Craif株式会社は、尿から高精度でがんを早期発見するという画期的な技術を開発している大学発ベンチャー企業です。. サービス利用の経緯や日本ゼオンとの関係に.
  5. 研究背景と目的 生体由来の微量な試料などを解析するとき、微少量の液体での実験が必要になります。このような考え方をどんどん進めていき、ナノメートル・マイクロメートルの空間(ウェルや流路)を利用して化学操作を集積化する研究が大きく発展しています

2010年 化学とマイクロナノシステム(2010年3月号):Think Hybrid:東京大学生産技術研究所・竹内昌治研究室訪問vol. 9, no. 1, pp.24-27 2010年 東京大学広報誌「淡青」(2010年1月号): 血糖値に反応して光る耳!?体内埋め込み型連続血糖値モニタリングデバイスの開発, vol. 23, Jan, p. 31, 201 パナソニックと東京大学(東大)発のベンチャーであるマイクロ化学技研は11月6日、ガラスモールド工法を用いたマイクロ流路チップを量産する. 東京大学工学部精密工学科および大学院工学系研究科精密工学専攻の公式サイト。学科と専攻の紹介、イベント案内、最新の進学選択情報や入試情報等発信しています 4大学ナノ・マイクロファブリケーションコンソーシアムは、慶應義塾大学、早稲田大学、 東京工業大学、東京大学が連携・協力して「新川崎・創造のもり」に設立した、新しい形の 研究教育拠点です。 クリーンルームには35種類以上の精密加工・観察装置がそろっており、一般企業の研

本研究では、マイクロ流路を流れる多数の細胞に含まれる生体分子の指紋を測定することで、個々の細胞の個性に注目しつつ多数の細胞を生きたまま解析する木を見て森も見る細胞解析を実現しました。. これまでに合田教授らによって開発されてきた. バイオセンサ集積回路(マイクロ流路系による測定) 種々の化学反応をチップ上に集積するためには溶液をアイソレーションする必要があり, マイクロ流路の形成が必須となります. 生体分子が1分子だけ通過できる流路を形成することによって, 「マイクロ流路と一体成型可能な3Dインレット構造の開発」 青木悠里,田村隆大,小此木孝仁,鈴木孝明,*2 日本機械学会関東支部群馬ブロック研究・技術交流会2020, 2020/12/23,オンライン開催(ZOOM) *1:東京大学・静岡大学・群

SyncMEMS研究室 群馬大学 鈴木孝明 マイクロマシン

  1. 東北大学大学院医工学研究科は、工学の知識や技術を駆使して生命の不思議に迫り、医学・医療の革新を通して人類の社会福祉に貢献することを目指しています
  2. 例えば、シリコン基板やガラス基板に微小な流路や電極などを形成し、その上で血液や細胞、タンパク質、DNAなどを扱うことで、培養細胞の機能解析を行うマイクロ流体デバイス、血液検査への応用を目指した血液分離デバイス、DNAや
  3. 実際にこの面上におけるタンパク質の吸着量を調べたところ、吸着を大きく抑制できることが分かりました。 さらに、この超撥水性面をマイクロ流路中に形成し、マイクロバルブに応用できることを示しました
  4. 壁のないマイクロ流路技術 大学院説明会配布資料 研究室で学べること 医用バイオMEMSの研究を通して、研究能力を身につけます。 とはいっても、研究室に入ってすぐはみんな素人です。研究ってなんだ?研究はうまくいくのか?など.
  5. 創薬スクリーニングを目的としたマイクロ流体デバイス 京都大学 平井 義和,加藤 義基,亀井 謙一郎,土屋 智由 らを連結するマイクロ流路,薬剤や代謝物が含まれる培 養液を循環灌流するマイクロポンプが集積されている(図.
  6. 広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所 教授 三宅 亮 プレゼン技術の概要 血液検査など医療診断などでの利用を目的に,まるごと使い捨て可能な,紙をベース としたマイクロ分析チップの開発を行っています。今回は紙の上

2 / 3 ライラックファーマは、医薬品を開発するための北海道大学発ベンチャーとして2016年に 設立。iLiNP®は北海道大学大学院工学研究院の渡慶次学教授、真栄城正寿助教らが開発し、ラ イラックファーマが技術導入した独自の流路形状を持つマイクロ流路のことです 住友理工(清水和志社長)と、医薬品、化粧品などの研究開発および調査・コンサルティングなどを展開する北海道大学発のベンチャー、ライラックファーマ(本社・札幌市北区、須佐太樹代表取締役)は共同で、新しい「マイクロ流路装置(脂質ナノ粒子製造ツール)」を開発した マイクロ流体デバイスを応用して1 μm〜4 μmの超微小な液滴のみを生成させる技術を開発 早稲田大学理工学術院の庄子習一(しょうじしゅういち)教授、早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の田中大器(たなかだいき)次席研究員(研究院講師)らの研究チームは、マイクロ流体デバイス [※1. 01.マイクロ湿式紡糸プロセスにおけるファイバー調製条件のモデル化 我々の研究室では溶媒拡散を利用したマイクロ湿式紡糸プロセスを用いてファイバー調製を行っている。本手法はデバイスがSUSで製造されているため、デバイス内部を観察できない欠点がある 1 マイクロ流路システムによる水環境中の病原性微生物 のリアルタイム・オンサイト・モニタリング 大阪大学薬学研究科 山口 進康 1.はじめに 琵琶湖・淀川流域は、水源としてのみではなく、身近な親水空間として、近畿の

名前. 池内 真志 / IKEUCHI Masashi. 学位. 博士(マイクロシステム工学)(名古屋大学),修士(機械工学)(京都大学). 職名. 講師. 所属. 大学院情報理工学系研究科. システム情報学専攻認識行動情報学講座 マイクロ流路デバイス作製実習コース 医療、バイオ、生体科学等の様々な分野にて創薬、生体研究、バイオセンサーに利用されているマイクロ流体デバイスの作製とその評価を行うことを課題とし、3日間の実習を通して、MEMSの基礎技術の体験習得を目指します 芝浦工業大学公式Webサイト。東京都江東区、さいたま市、東京都港区の3キャンパス。工学部、システム理工学部、デザイン工学部、建築学部、大学院理工学研究科、さらに新豊洲および千葉県柏市に併設中学高等学校を設置。大学案内、入試情報、キャリアサポート、研究情報などをご覧. マイクロ流路チップは、基板上に微細な流路を形成し、流れを利用して、混合、反応、分離、検出 などの化学操作を行うデバイスです。 現在、世界中の大学・企業の研究室で、POCT、体外診断用医薬品、抗体医薬品、 デジタルPCR、単一細胞解析によるがん診断などの用途でマイクロ流路チップ.

共同発表:マイクロ流路を利用して、多孔性材料の生成

東北大学マイクロシステム融合研究開発センター 【発表のポイント】 ・イオン液体とナノメートルサイズの流路を利用して温度差から発電を行う ・発電だけでなく蓄電機能も有している(熱電バッテリー) ・IoT *1 で使用される.

④-1 プラスチックマイクロリアクタヸの銡発:素材の検討 リアクタヸ性能の評価(送液ㄶの圧力の安定性、耐ㅁ性など) 流路の設計と試 (成型ヷ接合条 の検討) 流路内圧力:2MPaㆌㄥの耐圧性があること 耐ㅁ性能:80

マイクロ・ナノ生理学研究室|生命医療工学科 - 岡山理科大

今回の研究で作成したマイクロ流路チップを含む単一分子検出システムは,米国MDアンダーソン癌センターのHung教授とTexas A&M大学の亀岡准教授との共同研究[1][2][3][4]で開発されており,新規生命現象の解明につながる画期的 プラスチック表面活性化‒接合技術の開発とマイクロ流路プレート製造への展開 京都大学大学院・工学研究科・材料工学専攻 機能構築学研究室 <概要> 本質的には不活性で接着性の低いプラスチック基材の最表層に、真空紫外光励起反応によって極 MPS法 によるマイクロ流体の液滴生成シミュレーション 2639 (16) 2.4 接触角モデル 固体と液体が接する位置では,それぞれの物質の 性質や伏態に応じて決定される接触角によって表面張 力の働く方向を決める必要がある(11).その向きは, 大阪大学レーザー科学研究所(所長 兒玉了祐)斗内研究室 芹田和則(せりたかずのり)特任研究員、斗内政吉(とのうちまさよし)教授らの研究グループは、レーザー光照射により非線形光学結晶から発生するテラヘルツ波を用いて、極微量溶液中の溶質濃度を高感度かつ定量的に検出できる.

東京大学大学院の小関泰之准教授、九州大学の星野友准教授らの共同研究グル ープ※は、ガラス製マイクロ流体チップ [1] に「ダム構造」を持たせることで、泳 ぐ微生物の単離と培養をマイクロ流路中で行い、複数の細胞の代謝物を一細 京都大学 博士(工学) 氏名 野田 雄一郎 POCT デバイスとして必要不可欠である試験部の使い捨てを実現するために、安価な プラスチックでマイクロ流路を利用する必要があることから、 従来、樹脂表面の表面 処理剤としてポリエチレングリコール類が用いられてきたが、紫外線や酸等で樹脂

マイクロ流路を利用して、多孔性材料の生成メカニズムを解明-結晶生成における各配位子の役割解明- 関西学院大学の田中陽子氏、田中大輔准教授らと、東京農工大学の川野竜司准教授ら、高輝度光科学研究センター(JASRI)の本間.

ミクロの空間に液体を流す技術が世界を変える? マイクロ流体

スフェロイドアレイ スフェロイドとは、細胞同士が集合・凝集化した球状の細胞集合体のことをいいます。スフェロイド内部には、生体類似構造が再構築されており、一般的に利用されている二次元単層培養法よりも高機能発現を長期的に維持できることが知られています ターゲットとなるタンパク質を大腸菌・酵母から単離精製し、分光測定を行う一式があります。自然科学研究棟2号館に培養・生化学実験室、測定試料準備室、分光測定部屋の3室があります。 マイクロ流路デバイスでの蛍光観察に利用、検出器

マイクロ流体デバイス作製に汎用されているシリコーンの一種。PDMSと呼ばれる。 注2) マイクロ流体デバイス 自在に幅と深さを設計した微小流路を持つ細胞培養用デバイス。 注3) S+logD値 水/オクタノール分配係数(化合物の疎

Video: マイクロナノシステム研究室 l 研究について l 東京都市大学

高井研究室 東京大学大学院工学系研究科 バイオ

PDMSマイクロ流路をガラス基板に接着し、溶液の導入と観察を行います。 日程:後日調整(1日間) 定員:最大3名 実施場所:名古屋大学(名古屋市) ⑦PDMSマイクロ流路作製体験コース マスクレス露光装置と、シリコンエッチング マイクロ流路設計法とそれに基づく高効率気相触媒反応 操作、分離操作に関する研究( Dissertation_全文 ) Author(s) 福田, 貴史 Citation 京都大学. COP素材のマイクロ流路チップを活用し、尿検査でがんの早期発見と最適な治療選択を目指す. Icaria株式会社は、尿から高精度でがんを早期発見するという画期的な技術を開発している大学発ベンチャー企業です。. サービス利用の経緯や日本ゼオンとの関係に.

「身近な材料で誰もが使える」マイクロ流体デバイスによる

講師 京都大学 平井義和 先生 ご経歴 2013/5~現在 京都大学大学院工学研究科マイクロエンジニアリング専攻 助教 2014/8~2017/3 京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 連携助教 2009/4 京都大学先端医工学研 マイクロ流体デバイスは、MEMS技術などの微細加工技術を利用して、微小流路や反応容器を作成し、バイオ研究や化学工学へ応用するためのデバイスを総称している(microTAS (micro Total Analysis Systems)やLab on a Chipなどとも呼ばれる研究分野になっている. 早稲田大学庄子研究室・水野教授らの研究チームは、今回の研究でこれまでのマイクロ流体有機ELの成果を基にして、集積化した微細マイクロ流路構造を有し、青緑色と黄色の液体発光材料を用いたマイクロ流体白色有機ELデバイスを提案 マイクロ流路 微小粒子およびハイドロゲル の合成 千葉大学大学院工学研究科 教授 千葉大学大学院工学研究科 特任准教授 を利用した 材料 共生応用化学専攻 1 関 実 共生応用化学専攻 山田真澄 技術の マイクロ流路技術を利用すると. 超音波振動マイクロ流路内ナノエマルション生成/液滴操作に関する研究. 本研究では,超音波振動を利用しマイクロ流路を有する液滴操作デバイスの製作を行った.. 超音波振動によって流路内に定在波を形成し,圧力の節に液滴を移動させることで液滴の.

メソ多孔性酵素電極とマイクロ流体デバイスを用いて汗中乳酸の連続測定用バイオセンサを開発~健康管理・トレーニング最適化用ウェアラブルデバイスとしての展開に期待~. 研究の要旨とポイント. 酸化マグネシウムを鋳型として作製されるメソ多孔性. まず柔らかいスタンプの表面にAPTES溶液を塗布します(i)。次にスタンプをガラス表面に押しつけて,APTES分子を転写(印刷)します(ii)。形成されたAPTES分子を覆うようにマイクロ流路を配置し(iii)、臨床診断キットに必要なバイオレセプター分子をガラス表面に固定できる構造が完成します(iv) マイクロ流路による均質な多成分系ナノ微粒子の設計・高機能化 Ⅳ. ユニークな薬物輸送ルートの開拓と送達困難な難治性疾患に対する新規DDSの開発 鼻-脳ルートに基づく薬物・中分子(ペプチド・核酸)DDSの開発と脳・脊髄疾患治

流体の持つエネルギーの集中化研究が対象。ウォータジェットに発生する気泡(キャビテーション)やマイクロバブルに着目し、流体力学と泡を使った新しい先端機器の開発をめざす。マイクロバブルを用いた不純物の分離・回収・リサイクルなどの環境保全研究や、生体内での流体力学応用を. 3. マイクロ・ナノ加工基板を用いたモータタンパク質の生物物理学 3-1. 微小管の剛性(ヤング率)測定とその制御による運動方向の規定 3-2. 分子輸送と結合を可視化するナノシステムの創製 3-3. ダイナミックPDMSチャネル(流路)の形成 化学とマイクロ・ナノシステム 第9巻 第1 号 2010 年3 月 13 誘電泳動機能を有するダイナミックマイクロアレイ 石原宏尚1, 竹内昌治*1, 2 1 東京大学生産技術研究所, 2 神奈川科学技術アカデミー Dynamic Microarray with マイクロ流路 マイクロ流路内の速度ベクトル 参考文献 吉永 佑貴, 党 超鋲,飛原 英治, 水平微細流路における気液二相流の流動様式とスラグ流における液膜厚さ.

知の京都- 亀井謙一郎さん(京都大学高等研究院(KUIAS)物質ー

界面プロセス工学研究室 - 国立大学法人 岡山大

マイクロ流路とはフォトリソグラフィーなどの技術を用いて、ポリジメチルシロキサン(PDMS)などでマイクロメーターサイズの流路を作ることで、必要となる試料量や試薬量を減らすことを可能とする技術です。これまでタイのチュラロンコーン大学 岡山理科大学紀要第48号App、41-47(2012) OpenFOAIIllを用いたマイクロ流路内における交互流の数値解析 * * ** 松野弘貴。平野博之・岡本直孝・桑木賢也 岡山理科大学大学院工学研究科システム科学専攻博士課程 *岡山理科.

ガラス製マイクロ化学チップを安価に量産、パナソニックが

研究室紹介 - 横浜国立大学・理工学

  1. 東京大学は、標的物質の濃度勾配を形成する機構を実装するマイクロ流路を内蔵したチップを開発することで、デジタルバイオ計測の超並列化に.
  2. マイクロ流路を利用した単分散ポリ乳酸マイクロカプセルの高速生産技術 小野 努 *,†・渡邉貴一 ** *岡山大学大学院自然化学研究科応用化学専攻 岡山県岡山市北区津島中3-1-1 (〒700-8530) **東京大学生産技術研究
  3. マイクロ流体白色有機EL (電子物理システム学科 庄子 習一研究室) 有機ELは面発光や広視野角、フレキシブル性等の特徴を持つことからディスプレイや照明の幅を広げるものとして注目されている。. 2009年に九州大学で液体発光材料を発光層として用いた液体.
  4. 1-1. マイクロファブリケーション 1 1-2. マイクロ流路デバイス 3 1-3. ポリジメチルシロキサン(PDMS) 5 1-4. 問題提起 10 1-5. 本論文の構成と内容 11 1-6. 参考文献 12 第 2 章 親水性PMDS表面の再疎
  5. 東京大学生産技術研究所 竹 内 昌 治 −41− 均一径リポソームと細胞の融合のためのマイクロ流路デバイスの作成 きいジャイアントリポソームの応用が注目されている1). その大きさから,直接顕微鏡下で観察できることが一番.

大阪工業大学 みらいを つくる つたえる まもる。 - Microfluidics La

  1. 大田 能士(慶應義塾大学)(30am2-PN-042:ポスター発表) 「埋込み型人工腎臓におけるマイクロ流路のバイオファウリング」 一瀬 リシャール和喜(工学院大学)(30am2-PN-022:ポスター発表) 「アメンボを規範とした水面移
  2. マイクロ流路を利用して、多孔性材料の生成メカニズムを解明 -結晶生成における各配位子の役割解明-(プレスリリース) 2020年7月11日 関西学院大学 東京農工大学 高輝度光科学研究センター 科学技術振興機構 《ポイント》.
  3. マイクロ流体デバイスから拡張ナノ流体デバイスへ髪の毛程の細さ(数10~100 um)のマイクロ流路内で各種化学反応や分析を行うマイクロ流体.
  4. 東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 西迫研究室のWEBサイトです。本研究室は,主にナノメートル,マイクロメートルといった微小サイズの空間において流体およびその界面に発現する特徴的な振る舞いを活用.
  5. 新会長挨拶 化学とマイクロ・ナノシステム学会会長 北海道大学大学院工学研究院 教授 渡慶次学(Manabu Tokeshi) 平成30年5月21日の臨時理事会で藤井輝夫前会長(東 京大学生産技術研究所)の後を受けて、会長に選出さ れました
  6. HOME プレスリリース プレスリリース 2021.04.20 花粉化石により地層の年代測定に成功!新型セルソーターが拓いた革新的手法~マイクロ流体工学の視点から古生物学に貢献~ 九州大学大学院工学研究院の佐久間臣耶准.

NSTOOL Private show 2020 で開催したワークショップを皆様のご要望にお応えしてオンラインで配信いたします。2020年3月12日(木)13:15~14:15. 超音波振動を用いたマイクロ流路デバイスにおける 細胞接着力の非接触測定 Cell adhesion measurement in microchannel device by ultrasonic vibration 2181013 (助成金受領者) 研究代表者 東京工業大学 物質理工学院 助 教 倉科佑 マイクロ流体チップに使う小型電動バルブを開発 -0.01cm 3 以下と超小型で0.7秒の高速応答のバルブを組み込む ポイント 電気で変形する特殊電動ポリマーを用いた小型電動バルブ 圧電素子に比べ体積に対する変位率が大きいポリマーを利 遺伝子を調べるマイクロ流路プレートの基礎研究への参画です。 以来、2007年に高精密・高機能マイクロ流路チップの量産化を達成し、 大学や世界各国の企業との共同開発を通して、ライフサイエンス関連製品の実現、普及に貢献しています iLiNP®は北海道大学大学院工学研究院の渡慶次学教授、真栄城正寿助教らが開発し、ライラックファーマが技術導入した独自の流路形状を持つマイクロ流路のことです。脂質ナノ粒子は原料となる脂質溶液を水で希釈し、脂質を水中で自

広島大学 マイクロ流路内の流速分布及び粒子特性の実時間計測 F-12-RO-0037 H25,2/5 (D)技術相談 日立国際電気 半導体デバイスにおける薄膜形成プロセス開発に関する相談 F-12-RO-0038 H25,2/6 (D)技術相談 日立国 九州工業大学情報工学部 機械情報工学科 伊藤・村上研究室 MEMSデバイス(μmオーダの微細な針で表皮を貫き、局部に薬剤を効率的に投薬できるようにするドラッグデリバリーシステム)の研究。 自走機構を搭載した内視鏡検査用カプセルや患部からの試料摘出を行う生体採取機構の研究

豊橋技術科学大学 機械工学系 マイクロ・ナノ機械システム研究

広島工業大学(法人局を含む)の教職員、及び学部、博士課程に在籍する、すべての学生が利用できます。(短期留学生、研究生、科目等履修生、単位互換履修生は除く) 以下のPCにインストールすることができます。1-1. 広島工 北海道大学大学院工学研究院・工学院の研究内容をわかりやすく紹介する「えんじにあRing」。2018年10月号特集 04、応用化学部門 生物計測化学研究室 助教 真栄城 正寿「ナノカプセルで医薬品を細胞に運ぶ」 「マイクロ流路デバスの基本的な考え方 、応用の可能性」 北森 武彦 (台湾国立清華大学 玉山栄誉講座教授、スウェーデン 玉山栄誉講座教授、スウェーデン ルンド大学 名誉客員教授、ベトナム国家大学 ・ハノイ自然科学大学 顧問ディレクター、東京大学 特任教授、マイクロ化学技研. マイクロ流路チップ型セルソーター/セルアナライザーはコンタミネーションフリー、ダメージフリーなど従来にない細胞分離を実現した世界初のセルソーター/セルアナライザーです。マイクロ流路チップ型セルソーター/セルアナライザーは血中循環がん細胞、iPS細胞、凝集細胞、腸内細菌. 図 1 流路内における粒子の挙動 活動内容 1.3Dプリンターによるマイクロ流路型の作製 近年,マイクロ流体デバイスは, 高性能3Dプリンターで 作ったモールドを用いて簡易的に作製することが可能に なっている.解像度は低いもの

Volマイクロ化学技研(IMT)、ライラックファーマ社のナノ粒子トピックス/富山大学理学部活動 - 京都大学マイクロ化学生産研究コンソーシアム

矩形マイクロ流路の流動特性 Laminar Flow Characteristics in a Rectangular Microchannel. 長本 英俊 NAGAMOTO Hidetoshi. 工学院大学大学院工学研究科 化学応用学専攻 Department of Environmental Chemical Engineering, Kogakuin University. 小林 洋介 KOBAYASHI Yosuke. 工学院大学大学院工学研究科 化学. 電解質溶液で満たされたマイクロ流路に,外部より電場を印加すると微弱なイオン電流が生じます.流路の構造によって電場の強弱が変化し,帯電した微粒子や生体高分子は電場による静電気力を受けて輸送されます.粒子を効率よく輸送し,また検知するためには,流路内部の電場分布を理解. 流路幅は 数十~数百 μm 2019年 4月24日 IMT(マイクロ化学技研株式会社) マイクロ化学技研(IMT)、ライラックファーマ社のナノ粒子製造チップ iLiNP アイリンプ ® のスターターキット専用周辺デバイスのOEM 供給をスタート マイクロ化学技術※1.. 1.概論. 近年,反応容器や流路システムをチップ上に集積化・微小化し,生化学反応の分析・検査を統合化して行う研究分野が急速に発展しており,マイクロ TAS ( Micro Total Analysis Systems )または Lab-on-a-Chip と呼ばれている [1] .各種の DNA チップ,タンパク. ガラス・シリコン接合型マイクロ流路デバイスの作製 藤 圭亮 , 吉賀 雅史 , 村上 直 , 伊藤 高廣 精密工学会学術講演会講演論文集 2014A(0), 323-324, 201 NANOBICオープンラボは、慶應義塾大学、早稲田大学、 東京工業大学、東京大学の4大学が 連携・協力して「新川崎・創造のもり」に設立したナノマイクロ加工・評価機器を備えた 先端研究・試作拠点です。 クリーンルームには35種類以上の最先端の精密加工・観察装置がそろっており、一般企業