Home

ツトガ亜科

ツトガ図鑑|ノメイガ亜科 (47種類) 野螟蛾図鑑 Grass Moths of Japan ツトガ・メイガの幼虫図鑑はこちら 身近に見られる種類を中心に、47種類を掲載しています。 ※「大きさ」欄には、翅を広げた場合の両方の翅の先端から先端までの長. ツトガ亜科 Glaucocharis 属 ハイイロエグリツトガ ハイイロエグリツトガ シロエグリツトガ Chrysoteuchia 属 ナカモンツトガ クロマダラツトガ Catoptria ヒシモンツトガ オオシロモンツトガ その他の属 サツマツトガ クロフタオビツトガ チビ. ツトガ亜科 - 64645656 ページ!. 地色は白で橙褐色の帯が3本。. この帯は♀の方が広い。. 各地で普通に見られる。. ♂の地色は灰白色で黒褐色鱗をまばらに散布する。. 翅頂部は橙褐色。. ♀の地色は黒褐色となる。. 愛知県の記録はやや少ない。. 暗褐色の. ツトガ亜科 Crambiinae ホソスジツトガ Pseudargyria interruptella 16-19 開張 6-8 <分布> 北海道・本州・四国・九州 シロツトガ Calamotropha paludella 17-31 開張 6-9 <分布> 北海道・本州・九州・沖縄 シロスジツトガ 18-25 開張.

ツトガ亜科 Japoniehilo ツトガ(苞蛾) ツトガ科ツトガ亜科 出現期:6月~8月 開張:24mm~38mm ツトガという翅の形が包み紙のような大きな集団があります。 その中で「 ツトガ」の が付かない本家?のような蛾です。 幼虫はシバやイネなどで育ちます。 ツトガ. 私の持っている古い図鑑(1997)ではメイガ科の下にツトガ亜科、ノメイガ亜科など13の亜科がありましたが、ネットで調べると最近? の分類では メイガ科 から ノメイガ亜科 を含む9亜科を分家させ ツトガ科 とし、もとの メイガ科 は4亜科となったようです

ツトガ図鑑|ノメイガ亜

ツトガ科の昆虫図鑑 - Shotok

ツトガ科 ミズメイガ亜科 ヒメマダラミズメイガ Elophila turbata 2020.8.16. 榛名山西麓 ゼニガサミズメイガ Paracymoriza prodigalis 2020.8.16. 榛名山西麓 ツトガ科 ノメイガ亜科 クロスジキノメイガ Acropentias aurea 2019.7.13. 榛名 山西麓.

ツトガ亜科 - 64645656 ページ

ツトガ亜科 ニカメイガ Chilo suppressalis <二化螟蛾> ツトガ亜科 ツトガ亜科 キバネハラナガノメイガ Tatobotys biannulalis <黄羽腹長野螟蛾> ノメイガ亜科 コガタシロモンノメイガ Piletocera sodalis <小型白紋野螟蛾> ノメイガ亜科 ミツテンノ. ミズメイガ亜科・シダメイガ - 64645656 ページ!. 現在2129種. ヒメマダラミズメイガ. 2015・8・11 豊川市曙地区 (20m) 食餌・ウキクサ スイレン ヒシ. ミズメイガの中で最も普通種で晩夏に数を増やす。. ♂は黄色味がやや強く♀は焦げ茶がかる。. 1806. マダラミズ. ツトガ亜科 Crambinae ヤマメイガ亜科 Scopariinae ヒナタメイガ亜科 Heliothelinae オオメイガ亜科 Schoenobiinae ミズメイガ亜科 Acentropinae シダメイガ亜科 Musotiminae モンメイガ亜科 Cybalomiinae ニセノメイガ亜科 Evergestinae. ツトガ亜科 Crambinae シロエグリツトガ Glaucocharis exsectella 物部町 2011.8.22 ハイイロエグリツトガ Glaucocharis moriokensis 高知市 2009.7.9 ミヤマエグリツトガ Glaucocharis vermeeri いの町 2016.7.26 クロエグリツトガ 四国初 記録. このページではチョウとヤガ上科以外のガを紹介します。小蛾類からヤママユガなどの大型種まで種類が多く、キンモンガや緑色のアオシャクの仲間などチョウに勝るとも劣らない美麗種も豊富です

(3)ツトガ亜科Crambinae 日本産は75種。幼虫がイネの大害虫イネノズイムシまたはメイチュウとよばれるニカメイガのほか、シバを食べるシバツトガなどを含む。(4)ノメイガ亜科Pyraustinae もっとも大きい亜科で、日本産は300 ツトガ亜科は、幼虫がイネ科に寄生するものが多く、茎内に食い入ったり、ツトを作ってその中に潜むものが多いことに由来する。毛隆をもち、口吻はよく発達する。下唇鬚は発達して前方に突出し、小腮鬚の先端は鱗片によって総状にひろがる。ノメイガ亜科に次いで大きな亜科で、ほとんど全世界に分布している。日本産は未記載種を含め91種が知られる ツトガ亜科 チビツトガ シロツトガ ミヤマウスギンツトガ キスジツトガ ヒメキスジツトガ ヒメフタテンツトガ ウスクロスジツトガ ツマスジツトガ シロスジツトガ ナカモンツトガ ヨシツトガ シロエグリツトガ ミズメイガ亜科.

ツトガ亜科Crambinae シバツトガ ホソスジツトガ クロフタオビツトガ ニセシロスジツトガ ナガハマツトガ クロスジツトガ シロスジツトガ ソトモンツトガ ツトガ ヒメキスジツトガ マエキツトガ ヨシツトガ モンチビツトガ シロエグリ. 松阪の蛾・ガ. クロハネヒゲナガ ヒゲナガガ科2018.4.23 セスジスカシバ 2020.7.7. 下記7種2017.8.23新規. チャノコカクモンハマキ ハマキガ科ハマキガ亜科 スカシエダシャク シャクガ科エダシャク亜科 タカサゴツマキシャチホコ シャチホコガ科. ベニヘリコケガ.

ツトガ亜科 クロスジツトガ シバツトガ シロエグリツトガ シロスジツトガ シロツトガ チビツトガ ツトガ ナカモンツトガ ヒシモンツトガ ホソスジツトガ マエキツトガ モンチビツトガ ニセノメイガ亜科 ナニセノメイガ ノメイガ亜科. Subfamily Crambinae ツトガ亜科 [1449] Glaucocharis exsectella (Christoph, 1881) シロエグリツトガ [1450] Glaucocharis moriokensis (Okano, 1962) ハイイロエグリツトガ [1451] Glaucocharis vermeeri (Bleszynski, 1965) ミヤマエグリツ. 分布/北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島。 時期/6~9月。 大きさ/開張 24~38mm。 食草/「シバ類」「イネ」など. ツトガ亜科 36 マドガ上科 マドガ科 ヤマメイガ亜科 38 カレハガ上科 カレハガ科 オオメイガ亜科 39 カイコガ上科 オビガ科 モンメイガ亜科 カイコガ科 ミズメイガ亜科 ヤママユガ科 ノメイガ亜科 イボタガ科 スズメガ科 43 セセリチョウ. ツトガ亜科 [1449] シロエグリツトガ 三角型の微小蛾。 [1450] ハイイロエグリツトガ 屋根型にとまる極小蛾。 [1451] ミヤマエグリツトガ 白地に茶色の微小蛾。.

・ツトガ亜科 ホソスジツトガ ニカメイガ ナカモンツトガ シバツトガ ツトガ ・ミズメイガ亜科 ヒメマダラミズメイガ ・ニセノメイガ亜科 ナニセノメイガ ・ノメイガ亜科 カギバノメイガ ホシオビホソノメイガ ユウグモノメイガ. このサイトは富山県で撮影した蛾の写真を並べまくり、県内に生息(飛来)する蛾類の総目録を作成するべく設立したWEB博物館です。目指せ7000種!フレームを使用していますので表示をONにしてご覧下さい この目録について. 「List-MJ 日本産蛾類総目録」では、日本産蛾類に関する最新の学名情報を共有する目的で、神保宇嗣とニワカガマニアにより2004年に立ち上げられました。. 現在は神保がメンテナンスと更新をしています。. 立ち上げ当時は1982年の「日本産.

シロエグリツトガ トップ > チョウ目 > ツトガ科 > ツトガ亜科 「シロエグリツトガ」は北海道から九州にかけて分布するツトガ科ツトガ亜科のガです。成虫の出現時期は6月から10月で,写真は標高300m程度の山道で撮りました。. サツマツトガ Calamotropha okanoi ツトガ科(Crambidae) ツトガ亜科(Crambinae) 2009-05-31 定光寺 2010-06-16 近所 2010-09-12 定光寺 擦れたのか、白い個体。 次の蛾へ、 前の蛾へ ツトガ科、ツトガ亜科に戻る 私の蛾日記に戻るに戻

ソトモンツトガ

トップ>昆虫の記録>チョウ目>ツトガ科>ツトガ亜科 GA-1008 チビツトガ 小型のツトガ。 基本情報 前翅長 未測定 観察都道府県 撮影月(赤字) 1、2、3、4、5、 6 、7、8、9、10、11、12 レッドデータ ― 同定の自信度 葉上の. ツトガ亜科. ーーーーー. 鉢植えの欄の葉にとまっているのは、翅に黒い紋がある、触角が長い小さな蛾!. ヒゲナガキバガの仲間. ヒゲナガキバガ科. ーーーーー. ヒメハマキの仲間かな!. 翅の模様がユニーク. ヤマモモヒメハマキに少し似てはいるが、、、 ツトガ科ミズメイガ亜科 マダラミズメイガ スズメガ科 シモフリスズメ キイロスズメ ヒメクロホウジャク ビロードスズメ セスジスズメ モンホソバスズメ ウチスズメ ウンモンスズメ クルマスズメ エビガラスズメ コスズメ コエビ. 小型のツトガ。白い横線が特徴的。写真は6月28日に庭の苔の生えたブロック塀に止まっていた本種を撮影したもの。 ホーム > チョウ目 > ツトガ科 > ツトガ亜科 Tweet モンチビツトガ 学名: Microchilo inexpectellus モンチビツトガ Data 和名.

ツトガ亜科 Crambinae シロエグリツトガ ハイイロエグリツトガ モンチビツトガ チビツトガ ホソスジツトガ スジツトガ ヒメキスジツトガ シロツトガ ナカモンツトガ シロスジツトガ ニセシロスジツトガ クロフタオビツトガ シバツトガ. ツトガ亜科Crambinae 28.シロスジツトガCrambus argyrophorus Butler, 1878 ファーガスの森:1 ノメイガ亜科Pyraustinae 29.マエアカスカシノメイガPalpita nigropunctalis(Bremer, 1864) 雲早山:2 30.チャモンノメイガ ファーガス ガの仲間 1ー1 ツトガ 年表写真図鑑 | コーギーとカラスの物語(正義のヒーローモカ ガー幸守る) コーギーとカラスの物語(正義のヒーローモカ ガー幸守る) 私のともだち コーギーのモカとカラスのガー幸の日々を綴ります。 (SP犬モカ ツトガ亜科 ノメイガ亜科 ツトガ科ノメイガ亜科 2013.6.25 dk_hanaya 2016-04-12 16:25 Tweet 広告を非表示にする もっと読む コメントを書く « ヨモギネムシガ ヒメキスジツトガ » プロフィール id:dk_hanaya 蛾画像の整理のために 春に見られる.

ツトガ図鑑|ツトガ亜科

  1. シロツトガ Calamotropha paludella purella ツトガ科(Crambidae) ツトガ亜科(Crambinae) 2009-08-18 定光寺 2009-10-01 定光寺 真っ白です。 2019-09-18 尾張旭市 次の蛾へ、 前の蛾へ ツトガ科、ツトガ亜科に戻る チョウ目に戻る 私の虫日記に戻るに戻
  2. キボシエグリハマキ (ハマキガ科ハマキガ亜科) キボシオオメイガ (ツトガ科オオメイガ亜科) キホソスジナミシャク (シャクガ科ナミシャク亜科) キホソノメイガ (ツトガ科ノメイガ亜科) キマエアオシャク (シャクガ科アオシャ
  3. ツトガ亜科(Crambinae) 135----ミスジチャイロアツバ Dunira diplogramma (Hampson, 1912) ヤガ科(Noctuidae) シタバガ亜科(Catocalinae) 136 2821 シロフフユエダシャク Agriopis dira (Butler, 1879) シャクガ科(Geometridae) エダシャク亜
  4. ツトガ亜科(Crambinae) 198 1476 ヒメキスジツトガ伊豆諸島亜種 Calamotropha brevistrigella maenamii Inoue, 1982 ツトガ科(Crambidae) ツトガ亜科(Crambinae) 199----トビイロツヤコガ Heliozela brevitalea Lee, Hirowatari & Kuroko, 2006.

YAMKEN明石の蛾達・ツトガ

ツトガ亜科 学名 Crambinae 大分類 動物 中分類 昆虫類 分類群 亜科 調査名 いきものログ報告 場所 熊本県付近 管理ID 10770451 ユーザ 肥後のシジュウカラ 写真をクリックすると拡大します 昆虫類 地図の精度 行政区画 緯度 経度 1. イネコミズメイガ. ツトガ科ミズメイガ亜科. 学名ーParapoynx vittalis. 確認した月ー6,7、10. 確認時間帯ー08,09. 開張ー15mm. 観察環境: 山岳渓流際 標高120M ツトガ科ツトガ亜科モンチビツトガツトガ科(Crambidae)ツトガ亜科(Crambinae)属:MicrochiloOkano,1962開張9-10mm分布本州,九州;成虫出現6-7,9月撮影場所自宅玄関灯下撮影日2020年8月3日ツトガ科ツトガ亜科モンチビツト トガリメイガのなかま [1][2] (メイガ科シマメイガ亜科. 学名: Endotricha sp.). 写真: 06/2008, 台湾・阿里山, ミズメイガのなかま [1][2] (ツトガ科ミズメイガ亜科. 中国語名: 陸棲水螟, 学名: Paracymoriza cataclystalis). 写真: 06/2008, 台

ニカメイガモドキ

ツトガ亜科としては、日本では約70種が分類されているようですが、肉眼直接の確認では、「クロフタオビツトガ」ではないかなと同定したのですが、撮影後すぐに飛び立ち、写真での最終同定はできませんでしたので、とりあえず. ナミシャク亜科 (4) ツトガ科 (17) ノメイガ亜科 (17) ツトガ亜科 (3) メイガ科 (2) シマノメイガ亜科 (2) ヤガ科 (38) ケンモンヤガ亜科 (1) シタバガ亜科 (7) クルマアツバ亜科 (3 ミズメイガ亜科(ミズメイガあか、Acentropinae)は、鱗翅目ツトガ科(あるいはメイガ科)内のひとつの分類単位。ミズノメイガとも表記される。世界中に約700種が知られる。日本では9属32種ほどが報告されている[2] 北海道・本州に生息するツトガ科[ツトガ亜科]に属する蛾の仲間。 平地~山地まで広く分布し、個体数は普通。 近似種のニカメイガ・ニカメイガモドキに似ているが本種は大型で前後翅の幅が広い ツトガ亜科 オオメイガ亜科 シダメイガ亜科 クルマノメイガ亜科 ヤマメイガ亜科 ノメイガ亜科 ニセノメイガ亜科 スズメガ科 ウチスズメ亜科 スズメガ亜科 ホウジャク亜科 カイコガ科 カギバガ科 カギバガ亜科 トガリバ亜科 アゲハ.

ツトガ科ノメイガ亜科1 ( 生物学 ) - 里山の生き物たち - Yahoo!ブログ

ツトガ亜科 Scopariinae クルマメイガ亜科 Odontiinae ミズメイガ亜科 Acentropinae シダメイガ亜科 Musotiminae 58 2018.1.29up ニセノメイガ亜科 Evergestinae モンメイガ亜科 Cybalomiinae ノメイガ亜科 Pyraustinae 1 ノメイガ亜科 45. ヨシカレハ 幼虫. 本日、庭の草むしり中に、枯れ茎に今の時期にしては大きめの蛾の幼虫を発見。. 取り敢えず、写真に収める。. 直ぐにカレハガの仲間の幼虫である事は分かったが、ヨシカレハの幼虫なのではないかなと見当を付けた。. ネット上で.

小型

  1. <ツトガ亜科CRAMBINAE> ハイイロエグリツトガ肋reFwlazeecieIm (Christoph) 30-W-1976. ニカメイガモドキ鰍肋hymxBleszynski 29-Ⅳ-1967(2). スジツトガ働肋sacゆhagzJs(Bojer) 22-Ⅷ-1976. マエキツトガHeMoc伽〃肋spex.
  2. アトキハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科) 寄主植物は多食性。 クロネハイイロヒメハマキ ( ハマキガ科ヒメハマキガ亜科) 寄主植物はウワミズザクラ、イボタノキ、イヌツゲ、ボックスウッド、ネズミモチなど。 ①② とも墓地内で見られた
  3. 1-前-9 ヤガ科 モンヤガ亜科 1-前-10 ツトガ科 ニセノメイガ亜科 1-前-11 1-前-12 オオバコヤガ ナニセノメイガ ・1977.05.02 対馬市美津島町賀谷 ・1977.05.10 対馬市美津島町賀谷 1977.05.12 対馬市美津島町賀谷 1977.05.12 対

ツトガ科 ミズメイガ亜科 キアヤヒメノメイガ ツトガ科 ノメイガ亜科 アワノメイガ ツトガ科 ノメイガ亜科 害虫なんですが、きれいな蛾です。泊まるときはなぜか裏側というか、背を地面に向けて止まりたがります。 カシノシマ. ツトガ科オオメイガ亜科 キボシオオメイガ 開25MM 連絡頂き感謝、目の前で今季2度目のタマムシさん。 キノコに乗った ラッキーデーショット クワカミキリ 32~45MM ハスの実、シャワーヘッド チョウトンボ、本当はハスの蕾で 撮り.

ツトガ科 - さくらのレンタルサー

ツトガ亜科 Crambinae オオメイガ亜科 Schoenobiinae モンメイガ亜科 Cybalomiinae シダメイガ亜科 Musotiminae ミズメイガ亜科 Acentropinae クルマメイガ亜科 Odontiinae ニセノメイガ亜科 Evergestinae ノメイガ亜科 Pyraustinae カレハガ上. ツトガ亜科 シロエグリツトガ ハイイロエグリツトガ モンチビツトガ チビツトガ ホソスジツトガ スジツトガ ヒメキスジツトガ シロツトガ ナカモンツトガ シロスジツトガ ニセシロスジツトガ クロフタオビツトガ シバツトガ ツトガ.

ガのなかま(蛾類) - Gifu Universit

  1. 農林水産研究に関する国内の論文・情報が探せる データベース(アグリナレッジ) A database providing information on agricultural ホーム 水田多年生雑草ミズガヤツリを喰するCalamoropha sp.(メイガ科,ツトガ亜科)について(第1報
  2. ツトガ科 メイガ科 ツトガ科 Crambidae ノメイガ亜科 Pyraustinae セスジノメイガ Sinibotys evenoralis -26-開張 6-8 <分布> 本州・四国・九州・奄美 ヒメセスジノメイガ Sinibotys obliquilinealis 21-26 開張 6-10 <分布> 北海道・本 ツトガ科の.
  3. 身体が半ば溶けていて、どんどんと分裂しそうな勢いなのである。勿論、分裂した箇所は、細い方が頭なのか、細い方を先頭に普通に動き出すのである。 コウガイビルには、卵生の種類もいれば、分裂増殖の種類もいれば、おそらくミックスのパターンもあるのだと思うのだが、このタスジコ.
  4. マダラメイガ亜科;ウスアカマダラメイガ、 アカマダラメイガ、 ノシメマダラメイガ ツトガ科: ツトガ亜科;シロエグリツトガ、ホソスジツトガ、シロツトガ、ヒメキスジツトガ、 シロスジツトガ、 クロフタオビツトガ、 シバツトガ、ツト
  5. #オスグロトモエに関するブログ新着記事です。| 草むらの生きものなど| ガ・4種(オスグロトモエ他)@あきる野市|'21 樹液採集 28 ヘイケボタル|'21樹液採集 14 初河川敷ヒラタ|2020年8月31日富山市ねいの里(蝶と蛾の仲間Ⅰ)
  6. エチケット ライオン ヨコ型 130g ライオン エチケツトライオン130G 【返品種別A】 「返品種別」について詳しく ※商品画像とデザイン・カラーが異なる場合がございます。予めご了承下さい。 舌苔(ぜったい)など口臭の原因を除去する「2つの洗浄成分」を配
  7. こちらは、腹部の先端が尖っていないので、雄だと思われる。 さて、このツクツクボウシの分布域を調べて、頭が混乱することになった。日本国内では、少ないながらも、北は北海道には生息していて、南は鹿児島県のトカラ列島にまで生息しているようである

スジツト

サツマツトガ Calamotropha okanoi Bleszynski, 1961科:ツトガ科(Crambidae) ツトガ亜科(Crambinae) 属:Calamotropha Zeller, 1863 [講談社大図鑑:CAT.1473 / Plate:37:29( );37:30( );303:19( 交尾器)] [保育社蛾類図鑑:592? ツトガ亜科 ホソスジツトガ 1999.6.12 伏尾台 ヨシツトガ 2002.9.15 伏尾台 シバツトガ 2002.9.13 伏尾台 ナガハマツトガ 2002.10.6 伏尾台 ツトガ 2002.9.9 伏尾台 top back ノメイガ亜科 シロアヤヒメノメイガ 2001.9.20 伏尾台 オオシロモンノ. ツトガ亜科 (6種) はツトガの略 ツトガ シロスジ ヨシ シロ クロフタオビ シバ ノメイガ亜科 (33種) はノメイガの略 ヨツボシ スカシ アカヘリスカシ ツゲノメイガ クワノメイガ マメノメイガ フキノメイガ ホシオビホソ アワノ.

63.ツトガ科(Crambidae) ツトガ亜科(Crambinae) Neopediasia 一覧 成虫縮小画像一覧 幼虫など縮小画像一覧 No.を押すと登録されている画像が出ます。 No. CAT 和名 学名 記載者年 1 1518 クロフタオビツトガ Neopediasia mixtalis. ツトガ亜科 ・シバツトガ Parapediasia teterella ・シロスジツトガ Crambus argyrophorus ・ツトガ Ancylolomia japonica ノメイガ亜科 ・オオキノメイガ Botyodes principalis ・キアヤヒメノメイガ Diasemia accalis ・クロスジノメイガ ・クロモンキノ. 東京23区内の虫 2 東京23区内で撮影した虫たちを紹介します。虫の名前調べなどにもご利用くださいませ。 鱗翅目/ツトガ科・メイガ科 ツトガ科 Crambidae ヤマメイガ亜科 Scopariinae ツトガ亜科 Crambinae オオメイガ亜

ツトガ亜

ツトガ亜科 Crambinae L63-0023 シロエグリツトガ Glaucocharis exsectella L63-0024 ハイイロエグリツトガ Glaucocharis moriokensis L63-0034 モンチビツトガ Microchilo inexpectellus L63-0035 チビツトガ Microchilo inouei ホソスジ. ツトガ亜科 Crambinae シロエグリツトガ ハイイロエグリツトガ ハイイロエグリツトガ ハイイロエグリツトガ モンチビツトガ チビツトガ ホソスジツトガ スジツトガ ニカメイガ? チャバネツトガ キスジツトガ サツマツトガ サツマツ. ヨトウガ亜科 ウラギンキヨトウ マメチャイロキヨトウ アトジロキヨトウ キバラモクメキリガ やや少 カバフクロテンキヨトウ 南限種 オキナワマダラキヨトウ 北限種 スジシロキヨトウ マダラキヨトウ 九州以北 オオノコバヨトウ. ツトガ 苞蛾 Ancylolomia japonica Zeller, 1877 ツトガ科(Crambidae) ツトガ亜科(Crambinae) 〇2020/6/29 庭で 本家ツトガということになるのでしょうが、ナミツトガ位にしないと、検索が大変。シバなどが食草だそうです。 投稿者 yamasanae.

ツトガ亜科とは - コトバン

ツトガ亜科 Crambinae 7種 オオメイガ亜科 Schoenobiinae 0種 モンメイガ亜科 Cybalomiinae 0種 シダメイガ亜科 Musotiminae 0種 ミズメイガ亜科 Nymphulinae 4種 ニセノメイガ亜科 Evergestinae 0種 ノメイガ亜科 Pyraustinae 39種. 伊豆高原で見られる蛾 (9/40) ツトガ科 オオメイガ亜科・ヤマメイガ亜科・ツトガ亜科・クルマメイガ亜科・ニセノメイガ亜科 蛾の科別一覧 ツトガ科 オオメイガ亜科 ホソスジツトガ ツトガ科 ツトガ亜科 シロツトガ ツトガ科 ツトガ亜科 別の似たなかまがいる。 シロスジツトガ ツトガ科 ツトガ亜科 ヒシモンツトガ ツトガ科 ツトガ亜科 キスジツトガ ツトガ科 ツトガ亜科. 伊豆高原で見られる蛾 2019年2月全面更新しました。 ヒゲナガ科・スガ科・ボクトウガ科・ミノガ科 ヒラタマルハキバガ科・マルハキバガ科・ヒゲナガキバガ科・キバガ科 イラガ科・マドガ科 ハマキガ科 マダラガ科・トリバガ科・ニジュウシトリバガ科・セセリモドキガ 日本産蛾類の知見 佐々木昇/1994.11 当館請求記号:RA531-G1

東北森林管理局/チョウ目(2)ツトガ

ツトガ科> ツトガ亜科 ヤマメイガ亜科 ミズメイガ亜科な

文献「石川県白山と乗鞍岳周辺から採集されたCatoptria属(ツトガ科,ツトガ亜科)の1新種」の詳細情報です。J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援す ツトガ亜科 ツトガ セイタカアワダチソウに止まる。 6月27日 名前は不明 自宅の庭で羽化した。 テンスジツトガ 頭の先端に細かい毛が密生している。 田圃の端で見つけた。4月17日写す シロスジツトガ 散歩道で見られる。4月19日写す. メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です コメント このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

松阪の蛾・ガナカモンツトガ

Article 北海道から採集されていたPediasia属(ツトガ亜科・ツトガ科)の記載 Detailed information of the J-GLOBAL is a service based on the concept of Linking, Expanding, and Sparking, linking science and technology information which. 亜科群分類では森林性亜科群として木本食のシャチホコガ科の2亜科および地衣類食のコケガ亜科、腐植食のキバガ上科の複数亜科やクルマアツバ亜科等に、一方では、草地性亜科群として草本食のツトガ亜科やタバコガ亜科等が認めら ツトガ科 クルマメイガ亜科 シロオビノメイガ ツトガ科 ノメイガ亜科 シロモンノメイガ ツトガ科 ノメイガ亜科 ハラナガキマダラノメイガ ツトガ科 ノメイガ亜科 キバラノメイガ ツトガ科 ノメイガ亜科 コヨツメノメイガ ツトガ科 ノ.